はこぶ浮世絵-クルマ・船・鉄道

2022年10月1日(土)~10月26日(水)

10月3、11、17、24日は休館します。

開館時間:10時30分~17時30分(入館は17時まで)
入場料:一般 800円 / 大高生 600円 / 中学生以下 無料

「はこぶ浮世絵」展チラシはこちら

担当学芸員によるスライドトークを行います。
詳細は画面下部をご覧ください。

浮世絵で知る・江戸時代の輸送のかたち

人間の日々の生活に欠かせない、「運ぶ」という行為。江戸時代には、人や馬、船などを用いたさまざまな輸送の仕組みがありました。
江戸は水の都であり、江戸湾や隅田川などの水辺に囲まれ、街中には水路が縦横に張り巡らされていました。舟運は江戸の人々の暮らしを支え、樽廻船や菱垣廻船などによる江戸と諸国との海運も盛んでした。陸路では東海道をはじめとした街道が整備され、物流に用いられるのはもちろん、庶民の間で盛んになった遠方への旅のルートともなったのです。歌川広重や葛飾北斎ら浮世絵師たちが描いた作品の中には、こうしたさまざまな物流・交通の様子が、生き生きと写し取られています。
また、今年は鉄道開業150年の記念の年でもあります。明治時代の浮世絵には、当時の日本人にとって未知の乗り物であった鉄道をはじめ、馬車や人力車など文明開化を彩る新しい輸送の様子が盛んに描かれています。
コロナ禍でインターネットを駆使した物流が発展を遂げている昨今ですが、本展では現代のルーツともいえる江戸時代のさまざまな輸送に注目し、約65点の浮世絵を通して読み解きます。

歌川広重「名所江戸百景 京橋竹がし」
葛飾北斎「冨嶽三十六景 武州千住」

〈はこぶ〉という視点でリアルな江戸の暮らしが見えてくる

歌川広重や葛飾北斎など、浮世絵師たちが描いた江戸時代の風景。〈はこぶ〉という視点で眺めてみると、そこには料亭で料理を運ぶ人や街頭で商品を売り歩く人、旅の荷物を持ち運ぶ人など、それぞれの目的で物を運ぶ人々の姿が描かれていることに気づきます。
一方で、浮世絵には当時の幅広い輸送手段も描かれています。例えば水辺の多い江戸の地形を活かし、川を渡す渡し船や、遊廓や料亭へ向かう際のタクシー代わりにもなった舟運、旅人の荷物を、宿場間をリレー形式で運んだ人馬継立、文書などを江戸から大坂へ最短数日で届けた飛脚など、車や電車のなかった時代に、想像以上に充実した輸送の仕組みがありました。浮世絵を通して、さまざまな輸送の様子を紹介することで、江戸の人々の暮らしぶりが見えてきます。

歌川国貞/歌川広重「双筆五十三次 府中 あへ川歩行渡し/安倍 茶摘」
月岡芳年「風俗三十二相 おもたさう 天保年間深川かるこ風ぞく」
鈴木春信「浮世(美人)寄花 路考娘)
歌川広重「東海道五拾三次之内 日本橋 朝之景」
歌川広重「東海道五拾三次之内 川崎 六郷渡船」

鉄道開業150年―さまざまな乗り物の浮世絵を一挙公開!

明治5年(1872)10月、新橋と横浜を結ぶ鉄道が正式開業しました。今年10月は、それからちょうど150年目にあたります。浮世絵師たちは実際に鉄道が開通する2年ほど前から、時に想像も交えながら、盛んにその姿を描きました。大量に出版された鉄道絵からは、新たな時代のインフラの登場に対する当時の熱気がうかがわれます。本展では鉄道はもちろん、馬車や人力車、船から気球まで、さまざまな乗り物が描かれた浮世絵をたっぷりと展示します。

歌川芳虎「亜墨利加国」
昇斎一景「高輪鉄道蒸気車之全図」
小林清親「高輪牛町朧月景」
イベント

学芸員によるスライドトーク

展覧会の見どころを担当学芸員が解説します。

日時2022年10月 5日(水) 11:00
2022年10月14日(金) 11:00  
2022年10月18日(火) 11:00  各回30分程度
会場太田記念美術館 視聴覚室(B1)
参加方法10:30より美術館受付にて整理券を配布します。展覧会入場券ご購入時にお申し出ください。(お申し出のない場合整理券はお渡ししません)
聴講には本展の当日入場券と整理券が必要です。
整理券は展覧会にご入場の方1名につき1枚まで。
東洋文庫ミュージアム⇔太田記念美術館 2館相互割引

東洋文庫ミュージアムと太田記念美術館は、この秋、移動や運送の歴史をたどる展覧会を開催します。相互に入館料の割引をいたしますので、ふたつの展覧会を巡り、さまざまな乗り物や運送手段の変遷をお楽しみください。

東洋文庫ミュージアム

本から飛び出せ!のりものたち

会期:2022年10月5日~1月15日

太田記念美術館の「はこぶ浮世絵-クルマ・船・鉄道」展チケット半券のご提示にて

一般900円→800円 65歳以上800円→700円 大学生700円→600円 中・高校生600円→500円 小学生290円→190円

東京都文京区本駒込2-28-21
問合せ 03-3942-0280

http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/museum_index.php

太田記念美術館

はこぶ浮世絵-クルマ・船・鉄道

会期:2022年10月1日(土)~10月26日(水)

東洋文庫ミュージアムの「本から飛び出せ!のりものたち」展チケット半券のご提示にて

一般800円→700円 大高生600円→500円

※中学生以下は無料

入館料
一般800円
大高生600円
中学生以下無料

*中学生以上の学生は学生証をご提示下さい。
*10名様以上の団体のお客様は事前に必ずご予約をお願いします。ご予約のない場合は入場をお断りすることがございます(団体割引は1名あたり100円割引。人数分一括でお支払いください)
*障害者手帳提示でご本人とお付き添い1名さま100円引き。
*その他各種割引についてはお問い合わせください。
*料金は消費税込み。

開館日カレンダー

休館日

2022 10

休館日

3,11,17,24,27-31

2022 / 10

3,11,17,24,27-31

SUN MON TUE WED THU FRI SAT

プレスの方へ

本展のプレスリリースのダウンロード、掲載や取材のお申込みはこちらから。

Animals in Ukiyo-e

2022, July 30th-September 25th

1st Term July 30th-August 28th
2nd Term September 2nd-25th

Will be closed on August 1, 8, 15, 22, 29-31, September 1, 5, 12, 20.

Opening Hours : 10:30 a.m. – 5:30 p.m. (Last Admission: 5:00 p.m.)
Admission : Adult ¥1200 / University and High school students ¥800 / Junior High School Students and below

FLYER
LIST

Cute! Funny! A Little Weird? -Enjoy the Rich Variety of Expressions of Animals!

Various animals appear in ukiyo-e. In addition to pets such as cats and dogs, and domestic animals such as horses and cows, those believed to be good omens, such as cranes and turtles, imported from overseas, such as elephants and leopards, and even catfish, based on the superstition that catfish cause earthquakes, are depicted in ukiyo-e.   
Moreover, ukiyo-e artists used their imagination to create anthropomorphic creatures that do not exist in this world, such as Torakoishi.   
Ukiyo-e is indeed a treasure trove of animal representations. This exhibition introduces approximately 160 works, offering visitors the opportunity to enjoy the rich variety of animals in ukiyo-e. This summer, how about visiting the museum and enjoying the cute and a little bit strange ukiyo-e animals?

Tsukioka Yoshitoshi “Thirty-two Aspects of Women: Looking Troublesome, Mannerisms of a Girl of the Kansei Period” (2nd term)

Utagawa Yoshitoyo “Great Elephant Imported from Malacca” (1st term)

Ukiyo-e Reveals the Deep Relationship Between the People of Edo and Animals

Ukiyo-e portrays people doting on their pets as we do today. On the other hand, ukiyo-e also shows us aspects of the lives of people and animals that are no longer seen today, such as a dog snatching fish from a fishmonger, and a traveler on a horse. Ukiyo-e also depicts various scenes of everyday life, such as horned owls, which were drawn because they were thought to prevent smallpox, and dogs that were said to have visited Ise Shrine in place of their owners. Here we would like to introduce the activities of animals that sometimes exceed the imagination of modern people.

Suzuki Harunobu  “Cat and Butterflies” (1st term: 7/30-8/14)
Utagawa Kuniyoshi ” Toys of a Horned Owl and a Horse (the talisman against smallpox)”  (1st term)
Katsushika Hokusai “Chin (Japanese spaniel)” (2nd term)

Legendary Spiritual Beasts and Strange Creatures

Imaginary creatures appear in legends and tales, such as dragons believed to have the spiritual power to bring rain, white elephants believed to be the vehicles of Fugen Bosatsu (Samantabhadra), and haunted foxes and cats, also played an important role in ukiyo-e. But that’s not all. Ukiyo-e also features strange creatures such as Torakoishi, which is a combination of a tiger and a stone, and mysterious creatures that are combinations of all the signs of the Chinese zodiac. Experience the aesthetic sense of the people of Edo, who enjoyed not only pictures of traditional animals, but also delightful works created with the free imagination of the artists.

Utagawa Yoshikazu “Fifty-three Stations of the Tōkaidō Road: Ōiso” (1st term)
Utagawa Yoshitora “Twelve Animal Signs of Oriental Zodiac Gathering to Form One Animal” (2nd term)

Dancing, Working, and Dressing Up – Active Anthropomorphic Animals

Utagawa Yoshifuji “Newly Published Collection of Cats: Peddlers” (2nd term)

Among ukiyo-e depicting animals, the most popular genre is anthropomorphic animals. In this exhibition, you will see rabbits wrestling, cats doing business and studying, birds fighting and having a party, octopuses dancing, and many more. The animals behaving like humans are very charming and humorous, and in addition, they show us things about the lifestyle and customs of the time. Please enjoy their charm.

Utagawa Yoshifuji “Sumō Wrestling of Rabbits” (1st term)

From the Masters to Minor Artists – Animal Pictures by 40 Artists

The highlights of this exhibition include masterpieces by famous ukiyo-e artists, such as “Tiger in the Rain,” a representative work of Hokusai‘s later years, and Hiroshige‘s “One Hundred Famous Views of Edo: Asakusa Ricefields and Torinomachi Festival”, one of the most popular ukiyo-e drawn cats. Moreover, the number of ukiyo-e artists introduced in this exhibition reaches 40. Visitors can enjoy not only famous works, but also the works of unknown animal picture masters such as Utagawa Yoshifuji, who specialized in cute anthropomorphic animals, and Utagawa Yoshikazu, the creator of “Torakoishi”, who displayed an outstanding sense of humor.

Katsushika Hokusai “Tiger in the Rain” (2nd term)
Utagawa Hiroshige “One Hundred Famous Views of Edo: Asakusa Ricefields and Torinomachi Festival” (1st term)

Highlight of the Exhibition

Kikukawa Eizan “Tiger” (1st term)

The tiger has been a familiar animal for Japanese people for a long time, despite the fact that it never inhabited Japan. Although sometimes depicted as a raging figure confronting a dragon, in this work, a very charming tiger appears from behind a bamboo tree with large, gawking eyes, a smiling mouth, and plump paw pads. The vertically long surface of this picture is a combination of two normal size ukiyo-e prints. This format was also called “kakemono-e“, and was sometimes displayed as a hanging scroll with a frame around it. The tigers in this work may have had just the right degree of friendliness for the people of Edo to display in their house for enjoyment.


Admission
Adult 1200 yen
University and High school students 800 yen
Junior High School Students and below Free
Calendar

closed

2022 07

休館日

4,11,19,25-29

2022 / 07

4,11,19,25-29

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
2022 08

休館日

1,8,15,22,29-31

2022 / 08

1,8,15,22,29-31

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
2022 09

休館日

1,5,12,20,26-30

2022 / 09

1,5,12,20,26-30

SUN MON TUE WED THU FRI SAT

From the Genpei War to the Kamakura Period -Kiyomori, Yoshitsune and Yoritomo

2022, July 1st-24th

Will be closed on July 4, 11, 19.

Opening Hours : 10:30 a.m. – 5:30 p.m. (Last Admission: 5:00 p.m.)
Admission : Adult ¥800 / University and High school students ¥600 / Junior High School Students and below 

FLYER

Tracing the Rise and Fall of Samurai Warriors through Ukiyo-e

The Jishō-Juei Rebellion (1180-85) that at the end of the Heian period known as the “Genpei War” was a monumental battle between the warriors led by Minamoto no Yoritomo and the the Taira clan. Even after Yoritomo had conquered the Taira clan and established the Kamakura shogunate, a period of power struggles continued between Yoritomo’s successors and the influential court nobles, especially the Hōjō clan.   
Stories of the survival wars of samurai families became popularized as military chronicles such as “The Tale of the Heike” and “Azuma Kagami”. They were widely known as subjects of novels and kabuki plays in the Edo period, and were depicted in numerous ukiyo-e works as popular subjects.   
Recently, the time period has been recapturing popular attention, through animation and TV dramas. This exhibition will focus on this time period, to tell the story of the rise and fall of samurai warriors through ukiyo-e.

Utagawa Kuniyoshi “Ushiwakamaru Trains with a Long-Nosed Goblin at Kurama”
Mizuno Toshikata “Snow, Moon and Flowers: Lady Tokiwa and Her Children Wandering in the Snow”

Episodes of Glory and Tragedy that Fascinated People in Edo

The Taira clan established by Taira no Kiyomori, despite its brief era of glory, continued to fall and finally perished at Dannoura. Minamoto no Yoshitsune who destroyed the Taira clan with his genius military strategy, had to die an unwilling death as he provoked his elder brother Yoritomo’s antipathy. Many prominent vassals who supported the early times of the Kamakura shogunate with good faith perished in the struggle for power. The lives of those who lived during such turbulent times were often filled with spectacular victories and tragedies at the same time. These dramatic narratives, such as those of Yoshitsune, were featured in novels, kabuki plays, and ukiyo-e, and captivated the attention of the people during the Edo period.

Mizuno Toshikata  “ Jakkō-in Temple “
Tsukioka Yoshitoshi “Shunkan Seeing off Yasuyori who Returns to the City” 
Utagawa Yoshitora “Female Divers Encountering the Ghosts of the Taira Clan on the Bottom of the Sea at Dannoura”
Utagawa Yoshikazu “Ghosts of the Taira clan Attacking Yoshitsune’s Ship at Daimotsu Bay”
Tsukioka Yoshitoshi “Mirror of Famous Commanders of Great Japan: Heishōkoku Kiyomori” 
Tsukioka Yoshitoshi “Yoshitoshi’s Courageous Warriors: Hatakeyama Shōji Shigetada”
Tsukioka Yoshitoshi “New Forms of Thirty-six Ghosts: Kiyomori Sees Hundreds of Skulls at Fukuhara”

Kuniyoshi, Yoshitoshi and Hiroshige – Heroes Portrayed by Ukiyo-e Artists

Utagawa Kuniyoshi, a leading artist of musha-e, drew many warriors of the Genpei period. He depicted various stories from this time period with a familiar yet powerful style. This fascination was carried on by his pupils, especially Tsukioka Yoshitoshi, who continued to depict the subject with sophisticated style through the Meiji period.  
This section exhibits various works, including the grandeur musha-e and caricatures by Utagawa Hiroshige, the master of landscape pictures, to demonstrate the rich and unique styles of ukiyo-e artists.

Utagawa Kuniyoshi “Sixty-nine Stations of the Kisokaidō Road: Mitake, Akushichibyōe Kagekiyo”
Tsukioka Yoshitoshi “Yoshitoshi’s Courageous Warriors: Minamoto-no Ushiwakamaru Battling with Kumasaka Chōhan”
Utagawa Hiroshige “Collection of Entertaining Warrior Pictures for Children: Genzanmi and Kumagai”
Highlight of the Exhibition

Tsukioka Yoshitoshi “Mirror of Famous Commanders of Great Japan: Commander Minamoto no Yoritomo”

Spreading their wings, a flock of cranes is taking off into the sky. Minamoto no Yoritomo and his attendants look up at them. In August 1187, two years after Yoshitsune and his followers defeated the Taira clan in the Battle of Dannoura, Yoritomo held a Hōjō-e at Tsurugaoka Hachiman-gū Shrine in Kamakura. Hōjō-e is a ceremony that releases captured creatures, based on the Buddhist precept against killing. This picture is thought to depict the legend that a thousand cranes were released at the ceremony.  
Yoritomo seems satisfied as he watches the cranes, the symbol of good fortune, fly away. The scene may imply Yoritomo’s feeling of grand accomplishment when he finally achieved great power, as he defeated his old enemy, the Taira clan.   
Two years later, in 1189, Yoritomo eliminated his younger brother Yoshitsune who had developed a hostile relationship with him and Fujiwara no Yasuhira, who had sheltered Yoshitsune. In 1192, Yoritomo became a Shogun and established a new age of samurai.

Admission
Adult 800 yen
University and High school students 600 yen
Junior High School Students and below Free
Calendar

closed

2022 07

休館日

4,11,19,25-29

2022 / 07

4,11,19,25-29

SUN MON TUE WED THU FRI SAT

浮世絵動物園

2022年7月30日(土)~9月25日(日)

前期 7月30日(土)~8月28日(日)
後期 9月2日(金)~9月25日(日)※前後期で全点展示替え

8月1、8、15、22、29~31、9月1、5、12、20日は休館します。

開館時間:10時30分~17時30分(入館は17時まで)
入場料:一般 1200円 / 大高生 800円 / 中学生以下 無料

浮世絵動物園展チラシはこちら
浮世絵動物園展作品リストはこちら

かわいい! おもしろい! ちょっとヘン? ―豊かな動物表現をご覧あれ

浮世絵にはさまざまな動物が登場します。ペットとして愛される猫や犬、日々の営みを助けた馬や牛など身近な動物はもちろん、おめでたい鶴や亀、舶来の象や豹、はては地震を起こすとされた鯰までもが描かれます。また浮世絵師たちは、想像力を駆使し擬人化した動物たちの姿を生き生きととらえ、虎子石のようにこの世に存在しない珍獣も生み出しました。まさに浮世絵は、動物表現の宝庫といえるでしょう。
本展では約160点の作品をご紹介し、バラエティに富む動物表現を存分にお楽しみいただきます。この夏は美術館で、かわいらしくてちょっとヘンテコな、浮世絵の動物たちと触れ合ってみるのはいかがでしょうか。

月岡芳年「風俗三十二相 うるささう 寛政年間処女之風俗」(後期)

歌川芳豊「中天竺馬爾加国出生新渡舶来大象之図」(前期)

浮世絵だから見えてくる 江戸っ子と動物のディープな関係

浮世絵にはペットを溺愛する今と変わらない人々の姿が描かれます。一方で、犬に魚を盗まれる魚屋や馬に乗った旅人など、現在では見られなくなった人と動物との暮らしぶりも伝えてくれます。さらに日々のあらゆる一コマを切り取る浮世絵では、木菟を描いて疱瘡除けの効果を期待した「疱瘡絵」、飼い主のかわりに伊勢参りをしたと伝えられる犬の姿も描かれました。時に現代人の想像を超える動物たちの活躍ぶりをご紹介いたします。

鈴木春信「猫に蝶」(前期:7/30-8/14)
歌川国芳「木菟と春駒」(前期)
葛飾北斎「狆」(後期)

伝説の霊獣・ナゾの珍獣

雨を呼ぶ霊力があるとされた龍、普賢菩薩の乗り物とされた白象、妖狐や化け猫など、伝説や物語に登場する空想上の生き物たちも浮世絵では大活躍。しかしそれだけではありません。虎と石が合体した虎子石や、すべての干支が合体した不思議な生き物も登場するのが浮世絵です。伝統的な動物表現はもちろん、絵師の自由なイマジネーションに支えられた愉快な作品も楽しむ、江戸っ子の感性にも触れてみてください。

歌川芳員「東海道五十三次内 大磯をだハらへ四リ」(前期)
歌川芳虎「家内安全ヲ守 十二支之図」(後期)

踊りも仕事もおめかしも ―躍動する擬人化動物―

歌川芳藤「しん板猫のあきんどづくし」(後期)

動物を描いた浮世絵のなかでも人気が高いのが擬人化作品です。本展でも、相撲をとる兎、商売や勉強をする猫、喧嘩や宴会芸をする鳥、踊るタコなど、多彩な作品をご覧いただきます。人間のように振る舞う動物たちの姿はとても微笑ましくてユーモラス、おまけに当時の生活風俗も教えてくれます。その魅力をご堪能ください。

歌川芳藤「兎の相撲」(前期)

巨匠からマイナー絵師まで ―40人の共演―

北斎晩年の代表作「雨中の虎」、猫の絵の中でも屈指の人気を誇る広重「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」など、実力派絵師の名作も本展の見どころです。また今回、ご紹介する絵師は40人にのぼります。巨匠だけでなく、キュートな擬人化動物が得意な歌川芳藤、虎子石の生みの親で抜群のユーモアセンスを見せる歌川芳員など、知られざる動物絵の名人たちの作品もお楽しみいただきます。

葛飾北斎「雨中の虎」(後期)
歌川広重「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」(前期)

見どころの作品

菊川英山「虎図」(前期)

虎は、生息していなかったにも関わらず、日本で古くから親しまれた動物です。龍と対峙する荒ぶる姿で描かれることもありますが、本作では、竹の背後からギョロリとした大きな目に笑うような口元、ふっくらとした肉球を備えた、とても愛嬌のある虎が登場します。なお縦長の画面は浮世絵版画で広く用いられた大判サイズを縦に2枚つなげたもの。
この形式は「掛物絵(かけものえ)」とも呼ばれ、周囲に表装を施し掛軸のようにして鑑賞されることもありました。江戸っ子たちが室内に飾り、大人も子供も楽しむには、本作の虎はちょうどよい親しみやすさだったのかもしれません。


渋谷で日本美術めぐり 太田記念美術館⇔山種美術館 2館相互割引

山種美術館と太田記念美術館は7月9日(土)~9月25日(日)の期間中、下記の展覧会で相互割引を実施いたします。相互のチケットをお持ちいただくと入館料を100円割引いたします(1枚につき1名、1回限り有効。他の割引との併用不可)
今年の夏から初秋は、渋谷区のふたつの展覧会を巡り、日本美術をご堪能ください!

山種美術館

水のかたち ―《源平合戦図》から千住博の「滝」まで―

会期:2022年7月9日(土)~9月25日(日)

太田記念美術館の下記展覧会チケット半券のご提示にて

一般 1300円→1200円 

※大高生は会期中500円、中学生以下は無料 
※オンラインチケットは割引対象外

https://www.yamatane-museum.jp/

太田記念美術館

源平合戦から鎌倉へ ―清盛・義経・頼朝

会期:2022年7月1日(金)~7月24日(日)

山種美術館の上記展覧会チケット半券のご提示にて

一般 800円→700円、大高生 600→500円 

※中学生以下は無料

浮世絵動物園

会期:2022年7月30日(土)~9月25日(日)

山種美術館の上記展覧会チケット半券のご提示にて

一般 1200円→1100円、大高生 800→700円 

※中学生以下は無料

入館料
一般1200円
大高生800円
中学生以下無料

*中学生以上の学生は学生証をご提示下さい。
*10名様以上の団体のお客様は事前に必ずご予約をお願いします。ご予約のない場合は入場をお断りすることがございます(団体割引は1名あたり100円割引。人数分一括でお支払いください)
*障害者手帳提示でご本人とお付き添い1名さま100円引き。
*その他各種割引についてはお問い合わせください。
*料金は消費税込み。

*リピーター割引のご案内*
会期中2回目以降ご鑑賞の方は半券のご提示にて200円割引いたします(他の割引との併用不可)

開館日カレンダー

休館日

2022 07

休館日

4,11,19,25-29

2022 / 07

4,11,19,25-29

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
2022 08

休館日

1,8,15,22,29-31

2022 / 08

1,8,15,22,29-31

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
2022 09

休館日

1,5,12,20,26-30

2022 / 09

1,5,12,20,26-30

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
プレスの方へ

本展のプレスリリースのダウンロード、掲載や取材のお申込みはこちらから。

北斎とライバルたち

2022年4月22日(金)~6月26日(日)

前期 4月22日(金)~5月22日(日)
後期 5月27日(金)~6月26日(日)※前後期で全点展示替え

4月25、5月2、9、16、23-26、30、6月6、13、20日は休館します。

開館時間:10時30分~17時30分(入館は17時まで)
入場料:一般 1000円 / 大高生 700円 / 中学生以下 無料

・「北斎とライバルたち」展チラシはこちら
・「北斎とライバルたち」展作品リストはこちら

担当学芸員によるスライドトークを行います。
また、ご来館が難しい方のために、オンライン展覧会を販売しています。
詳細は画面下部をご覧ください。

世界的に最もその名前が知られている浮世絵師、葛飾北斎。北斎は「冨嶽三十六景」に代表される風景画のほか、さまざまなジャンルを手掛け、高い名声を得ました。しかし当然のことながら、その頃に活躍をしていた絵師は北斎だけではありません。数多くの浮世絵師たちが、時には北斎と覇権を争い、時には影響を受けたり与えたりしていたのです。本展覧会では、北斎の作品に注目するだけでなく、同時代・次世代に活躍した総勢15名以上の絵師たちの作品を並べることで、北斎とライバルたちがどのような関係にあったのかを紹介いたします。

葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」(後期)

歌川広重「不二三十六景 相模七里か浜風波」(後期)

北斎とライバルたちとの交流を紹介

葛飾北斎の展覧会はこれまでさまざまな美術館で幾度も開催されてきましたが、その多くが、北斎の作品のみに焦点を当てるものでした。比較して紹介されたのは、北斎と同様に風景画を得意とした歌川広重くらいでしょう。本展覧会では、歌川広重だけでなく、東洲斎写楽、溪斎英泉、歌川国芳など、同時代に活躍した絵師たちを幅広く取り上げると同時に、北斎と他の絵師たちがどのような交友関係だったかも掘り下げて紹介します。

葛飾北斎「冨嶽三十六景 深川万年橋下」(後期)
歌川国芳「東都富士見三十六景 新大はし橋下の眺望」(後期)

北斎が手掛けたさまざまなジャンルを幅広く紹介

北斎がたくさんのライバルたちと競合していたということは、北斎がそれだけさまざまなジャンルで活躍していたことを意味します。北斎の晩年の代表作である「冨嶽三十六景」はもちろん、役者絵や武者絵、風景画や美人画など、北斎の幅広い画業を、他の絵師たちも交えながら紹介します。

葛飾北斎「三代目市川高麗蔵」(後期)
東洲斎写楽「二代目瀬川富三郎の大岸蔵人妻やどり木」(後期)
葛飾北斎「鎌倉の権五郎景政 鳥の海弥三郎保則」(前期)
歌川国芳「通俗水滸伝豪傑百八人一個 出林龍鄒淵」(前期)

北斎を模倣した次世代の作品も紹介

北斎は同世代の絵師たちと切磋琢磨するだけでなく、次世代の絵師たちにも影響を与えています。それは直接の門人だけに限らず、流派の異なる絵師たちにも及んでいました。本展覧会では、北斎の作品を模倣した次世代の絵師たちの作品も紹介します。

歌川広景「江戸名所道戯尽 四 御茶の水の釣人」(後期)
落合芳幾「百もの語 小幡小平治 十」(前期)

見どころの作品

葛飾北斎「冨嶽三十六景 登戸浦」(前期)
歌川広重「冨士三十六景 相模江之島入口」(前期)

葛飾北斎「冨嶽三十六景 登戸浦」(前期)
歌川広重「冨士三十六景 相模江之島入口」(前期)

葛飾北斎が亡くなった後、歌川広重は「冨士三十六景」を発表しました。北斎と広重、場所は異なりますが、それぞれ鳥居越しに眺めた富士山を描いています。北斎は幾何学的かつ奇抜な構図を試みたのに対し、広重は実際の景色を見たままに描いたような構図となっています。同じ富士山を描いているからこそ、2人の個性の違いがよりはっきりと表れています。


イベント

学芸員によるスライドトーク

展覧会の見どころを担当学芸員が解説します。

日時2022年5月12日(木) 11:00
2022年5月18日(水) 11:00
2022年5月31日(火) 11:00
2022年6月17日(金) 11:00
2022年6月22日(水) 11:00  各回30分程度
会場太田記念美術館 視聴覚室(B1)
参加方法10:30より美術館受付にて整理券を配布します。展覧会入場券ご購入時にお申し出ください。(お申し出のない場合整理券はお渡ししません)
聴講には「北斎とライバルたち」展の当日入場券と整理券が必要です。
整理券は展覧会にご入場の方1名につき1枚まで。
オンライン展覧会

本展の作品と解説をオンラインでもお楽しみいただけます。
詳しくは以下のリンクをご覧ください。

入館料
一般1000円
大高生700円
中学生以下無料

*中学生以上の学生は学生証をご提示下さい。
*10名様以上の団体のお客様は事前に必ずご予約をお願いします。ご予約のない場合は入場をお断りすることがございます(団体割引は1名あたり100円割引。人数分一括でお支払いください)
*障害者手帳提示でご本人とお付き添い1名さま100円引き。
*その他各種割引についてはお問い合わせください。
*料金は消費税込み。

*リピーター割引のご案内*
会期中2回目以降ご鑑賞の方は半券のご提示にて200円割引いたします(他の割引との併用不可)

開館日カレンダー

休館日

2022 04

休館日

1-21, 25

2022 / 04

1-21, 25

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
2022 05

休館日

2, 9, 16, 23-26, 30

2022 / 05

2, 9, 16, 23-26, 30

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
2022 06

休館日

6, 13, 20, 27-30

2022 / 06

6, 13, 20, 27-30

SUN MON TUE WED THU FRI SAT

源平合戦から鎌倉へ ―清盛・義経・頼朝

2022年7月1日(金)~7月24日(日)

7月4、11、19日は休館します。

開館時間:10時30分~17時30分(入館は17時まで)
入場料:一般 800円 / 大高生 600円 / 中学生以下 無料

「源平合戦から鎌倉へ」展チラシはこちら
「源平合戦から鎌倉へ」展作品リストはこちら

担当学芸員によるスライドトークを行います。
詳細は画面下部をご覧ください。

武士たちの栄枯盛衰を浮世絵でたどる

平安時代末期に起きた治承・寿永の乱(1180~85)は俗に「源平合戦」とも呼ばれ、平氏と源頼朝を中心とした武士たちによる激しい戦いが繰り広げられました。そして頼朝が平家を滅ぼして鎌倉幕府を開いたのちも、頼朝の後継者や北条氏を中心とした有力御家人たちによる、権謀術数うずまく勢力争いの時代が続きます。
武士たちによる一族の存亡をかけた戦いのエピソードは、古くから『平家物語』や『吾妻鏡』などの軍記物によって普及しました。江戸時代には小説や歌舞伎などで親しまれ、浮世絵でも人気の題材となって数多くの作品が描かれています。
本展では、アニメ「平家物語」やNHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でも再び注目を集めているこの時代を取り上げ、平清盛、源義経、源頼朝をはじめ、浮世絵を通して武士たちの栄枯盛衰をたどります。

歌川国芳「牛若鞍馬修行図」
水野年方「雪月花之内 常盤御前雪中之図」

江戸の人々を魅了した、栄光と悲劇のエピソード

平清盛によって栄光の時代を築きながら没落の一途をたどり、最後は壇ノ浦に滅びた平家一門、天才的な軍略で平家を滅ぼしながら、兄頼朝に疎まれて非業の死を遂げた源義経、鎌倉幕府の草創を支えながら、勢力争いの中で滅ぼされていった御家人たち――動乱の時代を生きた人々の生涯はしばしば華々しい成功と、隣合わせの悲劇に満ちたものでした。「判官贔屓」で知られる義経をはじめ、それらの劇的なエピソードは小説や歌舞伎、そして浮世絵に取り上げられ、江戸の人々の心を魅了したのです。

水野年方「寂光院」
月岡芳年「俊寛僧都於鬼界嶋遇々康頼之赦免羨慕帰都之図」 
歌川芳虎「西海蜑女水底ニ入テ平家ノ一族ニ見」
歌川芳員「大物浦難風之図」
月岡芳年「大日本名将鑑 平相国清盛」 
月岡芳年「芳年武者旡類 畠山庄司重忠」(個人蔵)
月岡芳年「新形三十六怪撰 清盛福原に数百の人頭を見る図」

国芳・芳年・広重-浮世絵師が描くヒーローたち

武者絵の第一人者として活躍した歌川国芳は、源平時代の武士たちを数多く取り上げています。国芳はこの時代のさまざまなエピソードを親しみやすく、迫力たっぷりの筆致で描き出しました。その流れは国芳門下の絵師たちに受け継がれ、中でも月岡芳年は、明治時代にかけて洗練された画風で源平の武者たちを描いています。他にも風景画で有名な歌川広重による、どこかのんびりとした武者絵や戯画など、浮世絵師たちによる個性豊かな競演をお楽しみください。

歌川国芳「木曽街道六十九次之内 御嶽 悪七兵衛景清」
月岡芳年「芳年武者旡類 源牛若丸 熊坂長範」
歌川広重「童戯武者尽 源三位・熊谷」
見どころの作品

月岡芳年「大日本名将鑑 右大将源頼朝」

大きく羽を広げ、鶴の群れが空へと飛び立っています。かたわらでその様子を見守るのは源頼朝とその近習たち。源義経らの活躍により、壇ノ浦の戦いで平家が滅びてから2年後にあたる文治3年(1187)8月、頼朝は鶴岡八幡宮で放生会を行いました。本図はその際に千羽の鶴が放たれたという伝承を描いたと考えられています。放生会とは、仏教の殺生を戒める殺生戒の思想に基づき、捕らえた生類を放つ儀式のこと。
吉祥の象徴でもある鶴が飛び立つ様を眺めながら、頼朝はどこか満足そうな表情を浮かべているように見えます。宿敵の平家を倒し、すでに大きな権力を手中にした頼朝の心中がうかがわれるようです。
頼朝はその2年後、文治5年(1189)に不和となっていた弟の義経と、それを匿っていた奥州の藤原泰衡を滅ぼし、建久3年(1192)には征夷大将軍となって新たな武士の時代を創り出すことになります。

イベント

学芸員によるスライドトーク

展覧会の見どころを担当学芸員が解説します。

日時2022年7月8日(金) 11:00
2022年7月14日(木) 11:00  各回30分程度
会場太田記念美術館 視聴覚室(B1)
参加方法10:30より美術館受付にて整理券を配布します。展覧会入場券ご購入時にお申し出ください。(お申し出のない場合整理券はお渡ししません)
聴講には本展の当日入場券と整理券が必要です。
整理券は展覧会にご入場の方1名につき1枚まで。
オンライン展覧会

本展の作品と解説をオンラインでもお楽しみいただけます。
詳しくは以下のリンクをご覧ください。

渋谷で日本美術めぐり 太田記念美術館⇔山種美術館 2館相互割引

山種美術館と太田記念美術館は7月9日(土)~9月25日(日)の期間中、下記の展覧会で相互割引を実施いたします。相互のチケットをお持ちいただくと入館料を100円割引いたします(1枚につき1名、1回限り有効。他の割引との併用不可)
今年の夏から初秋は、渋谷区のふたつの展覧会を巡り、日本美術をご堪能ください!

山種美術館

水のかたち ―《源平合戦図》から千住博の「滝」まで―

会期:2022年7月9日(土)~9月25日(日)

太田記念美術館の下記展覧会チケット半券のご提示にて

一般 1300円→1200円 

※大高生は会期中500円、中学生以下は無料 
※オンラインチケットは割引対象外

https://www.yamatane-museum.jp/

太田記念美術館

源平合戦から鎌倉へ ―清盛・義経・頼朝

会期:2022年7月1日(金)~7月24日(日)

山種美術館の上記展覧会チケット半券のご提示にて

一般 800円→700円、大高生 600→500円 

※中学生以下は無料

浮世絵動物園

会期:2022年7月30日(土)~9月25日(日)

山種美術館の上記展覧会チケット半券のご提示にて

一般 1200円→1100円、大高生 800→700円 

※中学生以下は無料

入館料
一般800円
大高生600円
中学生以下無料

*中学生以上の学生は学生証をご提示下さい。
*10名様以上の団体のお客様は事前に必ずご予約をお願いします。ご予約のない場合は入場をお断りすることがございます(団体割引は1名あたり100円割引。人数分一括でお支払いください)
*障害者手帳提示でご本人とお付き添い1名さま100円引き。
*その他各種割引についてはお問い合わせください。
*料金は消費税込み。

開館日カレンダー

休館日

2022 07

休館日

4,11,19,25-29

2022 / 07

4,11,19,25-29

SUN MON TUE WED THU FRI SAT

Hokusai and His Rivals

2022, April 22nd-June 26th

1st Term April 22nd-May 22nd
2nd Term May 27th-June 26th

Will be closed on April 25, May 2, 9, 16, 23-26, 30, June 6, 13, 20.

Katsushika Hokusai is a worldly famous ukiyo-e artist. He achieved great fame with his landscape pictures, including “Thirty-six views of Mt. Fuji” and works in various other genres. Naturally, however, Hokusai was not the only ukiyo-e artist active during the time. A large number of ukiyo-e artists competed with Hokusai, and influenced each other’s works. This exhibition will not only focus on Hokusai’s works, but put them in conversation with the works by more than 15 artists who were contemporaneous with Hokusai or succeeded him.

Katsushika Hokusai “Thirty-six Views of Mt. Fuji: Great Wave off the Coast of Kanagawa”(2nd term)

Utagawa Hiroshige “Thirty-six Views of Mt. Fuji: Wind-tossed Waves at Shichirigahama in Sagami Province” (2nd term)

Introducing the interactions between Hokusai and his rivals

The numerous exhibitions of Katsushika Hokusai held at various museums, mostly focused on his works exclusively. Utagawa Hiroshige, who also excelled at landscape pictures, is the only other artist whose works have been presented in comparison. This exhibition will not only present works by Utagawa Hiroshige, but also those by many other artists such as Tōshūsai Sharaku, Keisai Eisen, and Utagawa Kuniyoshi, who were active in the same period, to introduce Hokusai’s relationship and interactions with such ukiyo-e artists who worked during his time.

Katsushika Hokusai “Thirty-six Views of Mt. Fujii: Under Mannen-bashi Bridge at Fukagawa” (2nd term)
Utagawa Kuniyoshi “Thirty-six Views of Mt. Fuji Viewed from Edo: View of Mt. Fuji beneath Shin-Ōhashi Bridge” (2nd term)

An extensive exhibition with a wide variety of genres

Hokusai’s rivalry with numerous artists is an indication of how he was active in so many different genres. We will put Hokusai’s late masterpiece, “Thirty-six Views of Mt. Fuji” and a wide range of other works, including pictures of kabuki actors, warriors, landscapes, and beautiful women, in dialogue with works by other artists on display.

Katsushika Hokusai “Kabuki Actor, Ichikawa Komazō Ⅲ” (2nd term)
Tōshūsai Sharaku “Kabuki Actor Segawa Tomisaburō Ⅱas Yadorigi, a Wife of Ōgishi Kurando” (2nd term)
Katsushika Hokusai “Warriors, Kamakura no Gongorō Kagemasa and Torinoumi Yasaburō Yasunori” (1st term)
Utagawa Kuniyoshi “One Hundred and Eight Heroes of the Water Margin: Shutsurinryū Sūen” (1st term)

Discovering works by succeeding artists who learned from Hokusai

Hokusai not only had a huge impact on the works of rivaling artists of his generation but also on the artists of the following generation. His influence extended beyond his direct pupils, to the artists who belonged to different schools. This exhibition introduces works by artists of the generation after Hokusai, who learned through imitating his works.

Utagawa Hirokage “Comical Views of Famous Places in Edo: No. 4, Fishermen at Ochanomizu” (2nd term)
Ochiai Yoshiiku “One Hundred Ghost Stories: Kohada Koheiji” (1st term)

Highlight of the Exhibition

Katsushika Hokusai “Thirty-six Views of Mt. Fuji: Seashore at Nobotoura” (1st term)
Utagawa Hiroshige “Thirty-six Views of Mt. Fuji: Entrance of Enoshima Island in Sagami Province” (1st term)

葛飾北斎「冨嶽三十六景 登戸浦」(前期)
歌川広重「冨士三十六景 相模江之島入口」(前期)

After the death of Katsushika Hokusai, Utagawa Hiroshige published his new series “Thirty-six Views of Mt. Fuji”. Although the location differs, Hokusai and Hiroshige both depicted Mt. Fuji viewed through a torii gate. Hokusai attempted a geometric and eccentric composition while Hiroshige’s composition seems to be depicting the scenery as he saw it. These works which are of the same subject, brings forward the distinct difference of their artistic styles.


Admission
Adult 1000 yen
University and High school students 700 yen
Junior High School Students and below Free
Calendar

Closed

2022 04

休館日

1-21, 25

2022 / 04

1-21, 25

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
2022 05

休館日

2, 9, 16, 23-26, 30

2022 / 05

2, 9, 16, 23-26, 30

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
2022 06

休館日

6, 13, 20, 27-30

2022 / 06

6, 13, 20, 27-30

SUN MON TUE WED THU FRI SAT

北斎とライバルたち

2022年4月22日(金)~6月26日(日)

前期 4月22日(金)~5月22日(日)
後期 5月27日(金)~6月26日(日)※前後期で全点展示替え

4月25、5月2、9、16、23-26、30、6月6、13、20日は休館します。

北斎とライバルたち展チラシ
北斎とライバルたち展作品リスト

世界的に最もその名前が知られている浮世絵師、葛飾北斎。北斎は「冨嶽三十六景」に代表される風景画のほか、さまざまなジャンルを手掛け、高い名声を得ました。しかし当然のことながら、その頃に活躍をしていた絵師は北斎だけではありません。数多くの浮世絵師たちが、時には北斎と覇権を争い、時には影響を受けたり与えたりしていたのです。本展覧会では、北斎の作品に注目するだけでなく、同時代・次世代に活躍した総勢15名以上の絵師たちの作品を並べることで、北斎とライバルたちがどのような関係にあったのかを紹介いたします。

葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」(後期)

歌川広重「不二三十六景 相模七里か浜風波」(後期)

北斎とライバルたちとの交流を紹介

葛飾北斎の展覧会はこれまでさまざまな美術館で幾度も開催されてきましたが、その多くが、北斎の作品のみに焦点を当てるものでした。比較して紹介されたのは、北斎と同様に風景画を得意とした歌川広重くらいでしょう。本展覧会では、歌川広重だけでなく、東洲斎写楽、溪斎英泉、歌川国芳など、同時代に活躍した絵師たちを幅広く取り上げると同時に、北斎と他の絵師たちがどのような交友関係だったかも掘り下げて紹介します。

葛飾北斎「冨嶽三十六景 深川万年橋下」(後期)
歌川国芳「東都富士見三十六景 新大はし橋下の眺望」(後期)

北斎が手掛けたさまざまなジャンルを幅広く紹介

北斎がたくさんのライバルたちと競合していたということは、北斎がそれだけさまざまなジャンルで活躍していたことを意味します。北斎の晩年の代表作である「冨嶽三十六景」はもちろん、役者絵や武者絵、風景画や美人画など、北斎の幅広い画業を、他の絵師たちも交えながら紹介します。

葛飾北斎「三代目市川高麗蔵」(後期)
東洲斎写楽「二代目瀬川富三郎の大岸蔵人妻やどり木」(後期)
葛飾北斎「鎌倉の権五郎景政 鳥の海弥三郎保則」(前期)
歌川国芳「通俗水滸伝豪傑百八人一個 出林龍鄒淵」(前期)

北斎を模倣した次世代の作品も紹介

北斎は同世代の絵師たちと切磋琢磨するだけでなく、次世代の絵師たちにも影響を与えています。それは直接の門人だけに限らず、流派の異なる絵師たちにも及んでいました。本展覧会では、北斎の作品を模倣した次世代の絵師たちの作品も紹介します。

歌川広景「江戸名所道戯尽 四 御茶の水の釣人」(後期)
落合芳幾「百もの語 小幡小平治 十」(前期)

見どころの作品

葛飾北斎「冨嶽三十六景 登戸浦」(前期)
歌川広重「冨士三十六景 相模江之島入口」(前期)

葛飾北斎「冨嶽三十六景 登戸浦」(前期)
歌川広重「冨士三十六景 相模江之島入口」(前期)

葛飾北斎が亡くなった後、歌川広重は「冨士三十六景」を発表しました。北斎と広重、場所は異なりますが、それぞれ鳥居越しに眺めた富士山を描いています。北斎は幾何学的かつ奇抜な構図を試みたのに対し、広重は実際の景色を見たままに描いたような構図となっています。同じ富士山を描いているからこそ、2人の個性の違いがよりはっきりと表れています。


イベント

学芸員によるスライドトーク

展覧会の見どころを担当学芸員が解説します。

日時2022年5月12日(木) 11:00
2022年5月18日(水) 11:00
会場太田記念美術館 視聴覚室(B1)
参加方法10:30より美術館受付にて整理券を配布します。展覧会入場券ご購入時にお申し出ください。
入場券をご購入の1名につき1枚まで。定員40名(立ち見での観覧はできません)
オンライン展覧会

本展の作品と解説をオンラインでもお楽しみいただけます。
詳しくは以下のリンクをご覧ください。

入館料
一般1000円
大高生700円
中学生以下無料

*中学生以上の学生は学生証をご提示下さい。
団体(10名以上)は1名さまあたり100円引き。(一括にてお支払い願います。事前のお申し込みにご協力ください。)新型コロナウイルス感染症の感染予防と拡大防止のため、当面の間は10名以上の団体でのご来館はご遠慮ください。
*障害者手帳提示でご本人とお付き添い1名さま100円引き。
*その他各種割引についてはお問い合わせください。
*料金は消費税込み。

開館日カレンダー

休館日

2022 04

休館日

1-21, 25

2022 / 04

1-21, 25

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
2022 05

休館日

2, 9, 16, 23-26, 30

2022 / 05

2, 9, 16, 23-26, 30

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
2022 06

休館日

6, 13, 20, 27-30

2022 / 06

6, 13, 20, 27-30

SUN MON TUE WED THU FRI SAT

Red -The History of Ukiyo-e from the Perspective of Color

2022, March 4th-27th

Will be closed on March 7, 14 22.


Gorgeous Red Color in the Spotlight

Although ukiyo-e works are full of rich colors, red is the most important paint to make the whole work gorgeous and add tension to the piece. The exhibition will explore the beauty of red that fascinated people in the Edo and Meiji Era, by carefully selecting about 60 ukiyo-e paintings with impressive vivid red.

Katsukawa Shunchō “Kabuki Actor Iwai Hanshirō Ⅳ in Dance of Seven Changes”
Utagawa Kunisada (Toyokuni Ⅲ)” Thirty-two Contemporary Appearances: Woman of Fussy Appearance: Looking Fussy”

History of Ukiyo-e Made by Red

Red is the most common color used in terms for ukiyo-e production, such as “Beni-e” (hand-painted red pictures), “Benizuri-e” (prints with red and a few other colors), “Aka-e” (red pictures), and “Benigirai” (red-avoiding pictures). The changes in the use of red paints show the development of ukiyo-e techniques. We will introduce a new way of looking at ukiyo-e that you can enjoy by paying attention to red.

Ishikawa Toyonobu “Kabuki Actor Segawa Kichiji ⅡPlaying Shakkyō Dance”
Suzuki Harunobu “Beauties of the Floating World Compared to Flowers: Wisteria,  Nokaze of the Matsuzaka-ya House in the Southern Direction”
Kobayashi Kiyochika “Conflagration at Ryōgoku on January 26th in 1881”
Utagawa Kuniteru Ⅱ “Kyōbashi Bridge Seen from the Group of Brick Buildings in Tokyo”

Sharaku, Hiroshige and Yoshitoshi – Their Techniques of Using “Red”

Shades of red have varied over 200 years of ukiyo-e history. Although it was a pale color during Harunobu and Sharaku’s time, it became darker in Hiroshige and Kunisada’s time, and it became vivid and loud in the Meiji period when Yoshitoshi was active. We will introduce how red was used by popular ukiyo-e artists.

Tōshūsai Sharaku “Kabuki Actor Nakamura Noshio Ⅱas Ono-no Komachi”
Utagawa Hiroshige “Peonies and a Peacock”
Tsukioka Yoshitoshi “Beautiful Women Associated with the Seven Stars: Full Moon”

Highlight of the Exhibition

Utagawa Hiroshige “One Hundred Famous Views of Edo: Kinryūzan Temple at Asakusa”

Here is a snow scene of Sensōji Temple. It emphasizes the whiteness of snow by drawing the large lantern of the Kaminarimon gate in front, and even more so by placing vivid red in various places. Safflower, one of the pigments used to make red paint, was valuable, and was not often used to print large areas in vivid red. However, it seems that the supply and quality of red paint had improved by the end of the Edo period, and Hiroshige began to use a large amount of vivid red in his works. Changes in paints have had a great influence on the appeal of ukiyo-e.


Admission
Adult800 yen
University and High school students600 yen
Junior High School Students and belowFree
Calendar

休館日

2022 3

休館日

1-3, 7,14,22,28-31

2022 / 3

1-3, 7,14,22,28-31

SUN MON TUE WED THU FRI SAT

The Mind of Belief -Religion, Superstition, and Rumor

2022, February 4th-27th

Will be closed on February 7, 14 21.


A Variety of Ukiyo-e Works with the Keyword “Believe”

During the Edo period (1603-1868), a variety of folk beliefs were popular among the common people. From large temples such as Senso-ji to Inari shrines in the town, many temples and shrines often held fairs and events, which attracted a large number of people. The interest of the common people was not limited to the city of Edo, but also extended to the suburbs, such as Benzaiten in Enoshima and Ōyama-sekison Shrine in the vicinity, and Mt. Fuji and the Ise Shrine in the distance. People went out of Edo not only for worshipping, but also to have fun.
One of the characteristics of the folk beliefs of Edo is that their trends changed rapidly. For example, in 1849, three folk beliefs became a big boom but were fleeting. Ukiyo-e, which depicted the latest world affairs of the time, played the role of spreading these trends to people like SNS today. We will introduce a variety of ukiyo-e works with the keyword “believe”, including “namazu-e (catfish pictures)” which are based on the superstition that catfish cause earthquakes, and works depicting the rather suspicious news of mermaids.

Katsushika Hokusai “Tour of Waterfalls in Various Provinces: Rōben Waterfall at Ōyama in Sagami Province”
Utagawa Hiroshige “One Hundred Famous Views of Edo: Artificial Mt.Fuji (the New Fuji) in Meguro”
Utagawa Hiroshige “Ferryboats to the Ise Shrine on the Miyagawa River”

Making a Buzz with Ukiyo-e! Fashionable Deities

One example that symbolizes the changeable beliefs of the people of Edo is the phenomenon of faddish deities. In particular, Otake-nyorai, which was unveiled at Ekō-in Temple in 1849, became very popular. At the same time, other two deities were also popular in Edo, and attracted many pilgrims. At the time, many ukiyo-e artists such as Utagawa Kuniyoshi drew these popular gods in ukiyo-e, and played a role in spreading this trend

Incarnation of Dainichi Nyorai (Vairocana) Otake

Big Earthquakes, Epidemics and Superstitions –Change Them into Laughter

People in Edo believed in various superstitions in their daily lives, and these superstitions had a close relationship with ukiyo-e. For example, after the Great Ansei Earthquake in 1855, many humorous paintings of catfish, based on the superstition that catfish were the cause of earthquakes, were drawn and became very popular. Not only disasters, but superstitions related to epidemics also became a subject of ukiyo-e. When epidemics such as pox, measles, and cholera broke out, many caricature-style works were published, depicting superstitions related to diseases in a funny style.

Artist Unknown “Namazu-e Print: Catfish Lifting a Stone”
Utagawa Yoshifuji “Defeating Smallpox”
Utagawa Kuniyoshi “Toys of a Horned Owl and a Horse (a talisman against smallpox)”

A Mermaid Appeared! Doubtful Topics Depicted in Ukiyo-e

In Edo, news that was a little suspicious and doubtful rumors became hot topics, and were often the subjects of ukiyo-e. For example, there is a picture depicting a mysterious mermaid-like woman who appeared out of the sea in Echigo Province. The woman prophesied, “There will be an epidemic in the future, but if you draw a picture of me and put it in your house, you will be safe,” and disappeared. Moreover, we will introduce a series of works depicting the seven famous wonders of Honjo in Edo.

Artist Unknown “Woman Came Out of the Sea”
Utagawa KuniteruⅢ “Seven Mysteries of Honjo: Oiteke-bori Moats”

Highlight

Utagawa Kuniyoshi “Making Wishes to Datsueba”

Many people are worshipping an old woman with a slightly troubled look. This old woman was actually a figure of Datsueba, enshrined at Shōjyuin Temple in Naito Shinjuku, which became a popular deity in 1859 along with Otake Nyorai (No.4). Datsueba is a demoness who strips off the clothes of the deceased on the banks of the Sanzu River, which divides this world and the world after death. By the end of the Edo period, she had become a popular object of folk belief. In this picture, many people are making wishes of their own, such as “I want to be taller,” “I want to be stronger,” “I want to marry a nice person,” etc., in order to benefit from the power of the demoness, and she seems to be fed up. The design filled with people’s dialogues is also impressive here.


Admission
Adult800 yen
University and High school students600 yen
Junior High School Students and belowFree
開館日カレンダー

closed

2022 3

休館日

1-3, 7,14,22,28-31

2022 / 3

1-3, 7,14,22,28-31

SUN MON TUE WED THU FRI SAT