和装男子 ―江戸の粋と色気

2021年1月6日(水)~1月28日(木)

1月12、18、25日は休館します。

はじめに

華やかに着飾る若者、渋い柄をスタイリッシュに着こなす大人の男性、奇抜なデザインを好むアウトロー。浮世絵にはこうしたお洒落な男性が次々に登場します。江戸時代、現代同様に男性もファッションを楽しんでいたのです。歌舞伎役者は江戸随一のファッションリーダーでしたし、日々の生活でも男性たちは着物だけでなく頭巾や煙草入れなどの小物、髪型にもこだわりを発揮していました。そしてその洗練された和装姿には独特の色気が漂い、江戸の男性像の大きな魅力となっています。
男性の和装に焦点をあてる本展では、和装男子の魅力を堪能するとともに江戸の豊かな服飾文化に触れてみてください。

鈴木春信「つれびき」

月岡芳年「月百姿 名月や来て見よがしのひたい際 深見自休」

粋な着こなし ―ファッションへのしたたかな情熱

贅沢な身なりを禁じる法令が度々出された江戸時代。人々は黒や茶、縞や小紋など地味な色や模様、そして小物を組み合わせてファッションを楽しみました。吉原遊廓で遊ぶ「通人」と称された男性たちは渋い色味を好む知的なスタイルで注目を集めます。一方、職人や火消しなど威勢が良く男気にあふれた男性たちは、手ぬぐいや半纏に趣向を凝らした男らしい装いで人気を呼びました。

歌川豊広「観桜酒宴図」

月岡芳年「月百姿 烟中月」

物語のなかの和装男子 ―ルール無用の和装世界

現代の漫画やアニメのキャラクターに劣らず、浮世絵では物語や伝説、歌舞伎の登場人物の多くが奇抜なファッションで登場します。例えば侠客(きょうかく)は、ドクロや地獄などの大胆な衣装で度々描かれます。架空の世界で生み出された独創的な和装をお楽しみください。

歌川国芳「小紫 白柄十右エ門」

歌川国貞(三代歌川豊国)「東海道五十三次之内 宮 景清」

歌舞伎役者 ―江戸最強のインフルエンサー

娯楽の少なかった江戸時代、歌舞伎役者は現代のタレントとYouTuberとの人気をあわせ持つような特別な存在だったと言えます。人気役者ともなればその影響力は絶大。彼らが舞台で見せた着物の着こなしや色や模様、例えば江戸紫やかまわぬ模様は次々と流行となりました。

奥村政信「佐野川市松の人形遣い」

豊原国周「三十六花艸の内 風車草 御所の五郎蔵 市川小団治」

見どころの作品

勝川春潮「橋上の行会」

「見て、あの人かっこいい」。若い男性を見つめる女性たちからはそんなセリフが聞こえてきそうです。まんざらでもない表情を浮かべる男性は、黒い縞の小袖に紫の縞の羽織を合わせ、帯と鼻緒の赤を差し色として効かせるというファッション。黒い頭巾を首に巻くのも当時の流行でした。江戸中期以降、縞をはじめとする渋いデザインが人気となりましたが、この男性は地味な柄をセンス良く重ねるお洒落上級者の着こなしを見せており、当時の洗練された美意識を伝えています。
なお頭に挿しているのは、新年最初の卯の日に亀戸天神境内にある妙義社で授けられた雷除けのお守りです。人が溢れるイベントの日、江戸の人々もお気に入りの装いで出かけたことがわかります。


入館料
一般800円
大高生600円
中学生以下無料

*中学生以上の学生は学生証をご提示下さい。
団体(10名以上)は1名さまあたり100円引き。(一括にてお支払い願います。事前のお申し込みにご協力ください。)新型コロナウイルス感染症の感染予防と拡大防止のため、当面の間は10名以上の団体でのご来館はご遠慮ください。
*障害者手帳提示でご本人とお付き添い1名さま100円引き。
*その他各種割引についてはお問い合わせください。
*料金は消費税込み。

開館日カレンダー
2021 01

休館日

1,2,3,4,5,12,18,25,29, 30, 31

2021 / 01

1,2,3,4,5,12,18,25,29, 30, 31

SUN MON TUE WED THU FRI SAT

休館日

ニッポンの浮世絵 ―浮世絵に描かれた「日本のイメージ」

2020年11月14日(土)~12月13日(日)

11月16、24、30、12月7日は休館します。

浮世絵から「日本のイメージ」を見つめなおす

新型コロナウィルスの影響により、海外へ渡航することが難しくなってしまった現在。これまで以上に、私たちの身の回りの生活を見つめ直す機会が増えてきています。私たちが暮らしている日本の特色をイメージしてみると、そのルーツの一つに、江戸から明治にかけての私たちの生活を描いてきた浮世絵が思い浮かんできます。日本の美意識が詰まった浮世絵を読み解くことで、改めて私たちの感性と向き合ってみましょう。

歌川広重「冨士三十六景 駿河薩タ之海上」

歌川広重「名所江戸百景 隅田川水神の森真崎」

溪斎英泉「江戸八景 日本橋の晴嵐」

「日本のイメージ」大集合!―富士山、桜からグルメ、お相撲さんまで

浮世絵にはさまざまな「日本」が描かれています。富士山や桜といった観光には欠かせない美しい自然。蕎麦や天ぷら、寿司といった美味しいグルメ。花魁や芸者、力士などといった、さまざまな職種の人々。本展覧会では、このような日本的な題材が描かれた浮世絵を一堂に集め、日本のイメージを紐解いていきます。展示点数は約70点。会期中、展示替えはありません。

落合芳幾・三代歌川広重「隅田川花の賑ひ」
歌川国芳「木曽街道六十九次之内 守山 達磨大師」
豊原国周「見立昼夜廿四時之内 午前六時」
歌川国貞「柏戸・白山」

見どころの作品

月岡芳年「風俗三十二相 むまさう 嘉永年間女郎之風俗」

江戸の町で特に人気だったグルメが、蕎麦、天ぷら、ウナギ、寿司。こちらの作品では、料亭の2階にいる女性が、海老か魚の天ぷらを食べようとしています。楊枝1本で天ぷらを刺して、器用に持ち上げているところ。天ぷらの傍らには天つゆの入ったそば猪口が。ちなみに、題名の「むまさう」とは「うまそう(美味そう)」のことです。浮世絵を通して、現代でも人気の高い和食のルーツをたどることができます。


入館料
一般800円
大高生600円
中学生以下無料

*中学生以上の学生は学生証をご提示下さい。
団体(10名以上)は1名さまあたり100円引き。(一括にてお支払い願います。事前のお申し込みにご協力ください。)新型コロナウイルス感染症の感染予防と拡大防止のため、当面の間は10名以上の団体でのご来館はご遠慮ください。
*障害者手帳提示でご本人とお付き添い1名さま100円引き。
*その他各種割引についてはお問い合わせください。
*料金は消費税込み。

開館日カレンダー

休館日

2020 11

休館日

2,9-13,16,24,30

2020 / 11

2,9-13,16,24,30

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
2020 12

休館日

7,14-31

2020 / 12

7,14-31

SUN MON TUE WED THU FRI SAT

Civil Engineering in Edo

2020, October 10th-November 8th

Will be closed on October 12, 19, 26, November 2.

Civil Engineering of Edo through ukiyo-e

In recent years, large-scale redevelopment in the main areas have called attention in Tokyo. At the same time, civil engineering itself has become a popular genre to be studied as a hobby. There are increasing number of books and magazine articles featuring bridges, dams, rivers, and topology. However, looking back in history, this is not a recent trend. In fact, Tokyo has developed through various civil engineering projects since the Edo period. In this exhibition, you can deepen your understanding of various civil engineering of Edo through the works of the ukiyo-e artists such as Utagawa Hiroshige and Katsushika Hokusai.

Utagawa Hiroshige “Famous Places in Edo: Cooling off at Ryōgoku-bashi Bridge”

Civil engineering that created Edo, the megacity

100 years after the opening of the Tokugawa Shogunate by Tokugawa Ieyasu, Edo had become a megacity inhabited by more than one million people. What supported the extraordinary development of the city was the construction of urban areas and infrastructure using advanced civil engineering technology. The most notable are the Edo Castle and its outer and inner moats, landfill of Hibiya, Tsukiji, and Fukagawa, canals and water supply, bridges of Ryōgoku and Nihonbashi, as well as the huge temples such as Kan’ei-ji and Zōjō-ji.

Katsushika Hokusai “Thirty-six Views of Mt. Fuji: Nihonbashi in Edo”

Shōtei Hokuju “View of Ochanomizu in Edo”
Keisai Eisen “Eight Views of Edo: Vesper Bell at Ueno”

Katsushika Hokusai “Thirty-six Views of Mt. Fuji: In the Mountains of Tōtoumi Province”
Utagawa Hiroshige “Teppōzu and Tsukiji Monzeki (Entertaining Supplements to the One Hundred Famous Views of Edo)”
Utagawa Hiroshige “One Hundred Famous Views of Edo: Fukagawa Lumberyards”

Culture of redevelopment has its origin in the Edo period?

Large-scale constructions of shopping malls such as Shibuya Stream and Tokyo Midtown Hibiya are often considered as a recent trend. However, looking back in history, large-scale redevelopments were carried out frequently since the Edo period. Notable projects include the re-installment of the pleasure quarter from Yoshiwara to Shin-yoshiwara, and the redevelopment of Saruwaka Theater District. The Nakazu amusement quarter which only existed for about ten years before being demolished can be considered one of the first redevelopment projects of Tokyo as well.

Utagawa Hiroshige “Famous Places in Edo: Panoramic View of Gochōmachi in Shin-Yoshiwara in Cherry Blossom Season”
Utagawa Toyoharu “Perspective Picture of Famous Places in Japan: Cooling off at Nakasu-shinchi”
Utagawa Hiroshige “One Hundred Famous Views of Edo: Night View of Saruwaka-machi”

Highlight of the Exhibition

Artist Unknown “Pagoda Finial Bent by the Ansei Great Earthquakes” /Utagawa Hiroshige “One Hundred Famous Views of Edo: Kinryūzan Temple, Asakusa”

Artist Unknown “Pagoda Finial Bent by the Ansei Great Earthquakes”
Utagawa Hiroshige “One Hundred Famous Views of Edo: Kinryūzan Temple, Asakusa”

Disasters and recovery –The Ansei Earthquake

There are continuous effort to recover from the Great East Japan. Edo was also frequently affected by fires and earthquakes. Each time, the people of Edo recovered from the destruction by conducting large-scale reconstructions all over the city. The Great Ansei Earthquake (1855) at the end of the Edo period is one of the severest disasters of Edo. The city suffered serious damage from this earthquake. Although the famous Sensōji Temple was not entirely destroyed, the nine-wheeled tower at the top of the Five-storied Pagoda was bent. The painting on the left depicts the pagoda after the earthquake. The work on the right is one of the “One Hundred Famous Views of Edo” by Utagawa Hiroshige published a year after the earthquake. In this painting, the nine-wheeled tower is no longer bent. Since this picture was published shortly after May 9th when the restoration of the tower was completed, it is considered to be a commemoration of the restoration project.

Admission
Adult800 yen
University and High school students600 yen
Junior High School Students and belowFree
開館日カレンダー
2020 10

休館日

5-9,12,19,26

2020 / 10

5-9,12,19,26

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
2020 11

休館日

2,9-13,16,24,30

2020 / 11

2,9-13,16,24,30

SUN MON TUE WED THU FRI SAT

Collection from Ota Memorial Museum of Art

2020, July 1st-26th
 
Will be closed on July 6, 13, 20.

写真サンプル

Utagawa Yoshifuji “Birds Fighting at Yoshiwara”

Although the Museum was closed for four months to limit the spread of the novel coronavirus (COVID-19), we finally reopened from this month. We replaced our original plans with the exhibition “Collection from the Ota Memorial Museum of Art”. From the more than 14000 works in our collection, we selected the works which were made to aid recovery from illness, and works which give us a sense of relaxation. We will also exhibit the works which gained popularity when introduced on the museum’s Twitter home page with the hashtag “# ouchideukiyoe (Ukiyo-e at home)” during the temporary closure.
In order to keep social distance between visitors, the distance between the works is further than usual, and as a result, the number of exhibits has been reduced to only about 40 works. We appreciate your cooperation and understanding.

写真サンプル

Utagawa Yoshitora “Twelve Animal Signs of Oriental Zodiac Gathering to Form One Animal”

写真サンプル

Utagawa Hirokage “Comical Views of Famous Places in Edo: No. 16, Fox-fires at Ōji”

写真サンプル

Utagawa Kuniyoshi “Toys of Horned Owl and Horse (the amulet against smallpox)”

写真サンプル

Utagawa Yoshifuji “Newly Published Comic Picture of Cats: Dance Recital of Kittens”

写真サンプル

Utagawa Yoshitora “Shōki (the Plague-Queller) “

写真サンプル

Kawanabe Kyōsai “Picture Book “Kyōsai Gadan” Volume 1-1″

Admission
Adult 800 yen
University and High school students 600 yen
Junior High School Students and below Free
Calendar
Closed
        • 2020 July
          SUN MON TUE WED THU FRI SAT
          1 2 3 4
          5 6 7 8 9 10 11
          12 13 14 15 16 17 18
          19 20 21 22 23 24 25
          26 27 28 29 30 31

太田記念美術館コレクション展

2020年7月1日(水)~7月26日(日)

7月6、13、20日は休館します。

歌川芳藤「廓通色々青楼全盛」

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、太田記念美術館は4月7日から臨時休館としておりましたが、7月1日より約3か月ぶりに再開いたします。 今回の展覧会は、当初のスケジュールを変更し、「太田記念美術館コレクション」展を開催いたします。太田記念美術館が誇る約14,000点のコレクションの中から、見ていて心がほっとするような作品、あるいは、病魔に打ち勝つために作られた作品を選りすぐりました。また、臨時休館中、太田記念美術館のツイッターで話題となった「#おうちで浮世絵」の中から、人気の作品も展示いたします。 なお、ご来場者のソーシャルディスタンスを確保するため、作品の間隔を広げて展示いたします。展示点数は通常よりも少ない40点強となりますが、ご了承ください。

歌川芳虎「家内安全ヲ守十二支之図」
歌川広景「江戸名所道戯尽 十六 王子狐火」
歌川国芳「木菟に春駒」
歌川芳藤「しん板猫のたわむれ踊のをさらゐ」
歌川芳虎「鍾馗」
河鍋暁斎『暁斎画談 内篇』「手足真図及ヒ画図」

入館料
一般800円
大高生600円
中学生以下無料
開館日カレンダー

休館日

2020 07

休館日

6,13,20,27-31

2020 / 07

6,13,20,27-31

SUN MON TUE WED THU FRI SAT

2019年度の展覧会

2018年度の展覧会

2017年度の展覧会

2016年度の展覧会

2015年度の展覧会