小原古邨

 企画展
2019年2月1日(金)~3月24日(日)
前期 2月1日(金)~24日(日)
後期 3月1日(金)~24日(日)
※前後期で全点展示替え
 
2月4、12、18、25~28、3月4、11、18日は休館します。

 

 

知られざる絵師、小原古邨の全貌に迫る

小原古邨(1877~1945)は、明治末から大正、昭和にかけて活躍した絵師です。可愛らしい鳥や動物、花といった身近な自然を、木版画で表現しました。
本展では、明治末から大正にかけて、松木平吉の元から刊行された古邨落款の木版画や、昭和前半に、渡邊庄三郎の元から刊行された祥邨落款の新版画を展示。さらに、制作工程が分かる、肉筆の下絵や試し摺りも合わせて紹介します。約150点の展示作品(前後期で全て展示替え)を通して、古邨の全貌をお楽しみいただけることでしょう。
なお、茅ヶ崎市美術館で開催中(2018年9月9日~11月4日)の「原安三郎コレクション 小原古邨展 花と鳥のエデン」とは、出品作品が異なる別内容の展覧会です。


「踊る狐」(個人蔵)


「鷹と温め鳥」(太田記念美術館蔵)


「月に木菟」(個人蔵)


「猿と蜂」(個人蔵)


「月夜の烏」(渡邊木版美術画舗蔵)


「雪中群鷺」(渡邊木版美術画舗蔵)

 

入館料
一般 700円
大高生 500円
中学生以下 無料

※障碍者手帳をご提示いただくと、ご本人様とお付添1名まで、入館料から100円割引いたします。(割引の併用はできません)

※中学生以上の学生は学生証をご提示ください。

開館日カレンダー

休館日

   
    

PAGE TOP