生誕150年記念 水野年方~芳年の後継者



企画展
2016年11月4日(金)~12月11日(日)
 

11月7・14・21・28日/12月5日は休館となります。

 

 

明治の浮世絵師・水野年方の全貌を探るはじめての展覧会

281101

水野年方「和漢十六武者至 水滸伝九紋竜史進」 明治17年(1884) 太田記念美術館蔵

 水野年方(18661908)は、明治時代に活躍した、浮世絵師であり日本画家であった人物です。月岡芳年の門人として美人画や歴史画などの浮世絵を描く一方、岡倉天心や横山大観、菱田春草らとともに新しい日本画の創作を試みました。さらに、大正・昭和に活躍した日本画家・鏑木清方の師匠でもありますが、数え43歳という若さで亡くなったためか、年方の存在が顧みられることは現在ほとんどありません。
 今年2016年は水野年方が慶応2年(1866)に生まれて 150年という節目の年にあたります。本展はそれを記念し、版画を中心とした年方の画業を紹介いたします。浮世絵師としての年方の全貌を探る、はじめての展覧会となります。

月岡芳年の後継者・水野年方

 水野年方は10代後半の頃、月岡芳年に入門し、武者絵や歴史画、美人画といった浮世絵を学びました。若い頃から頭角を現し、芳年が亡くなった後は、多くの兄弟子たちがいる中、二代芳年を襲名するという話が持ち上がるほどの実力と人気を兼ね備えていました。

281102

水野年方「婦有喜倶菜」 明治21年(1888) 太田記念美術館蔵

泉鏡花、幸田露伴~近代小説家たちとのコラボ

 水野年方は、文芸雑誌や小説の単行本の口絵を数多く描きました。年方が口絵を描いた小説家たちは、尾崎紅葉や泉鏡花、幸田露伴などといった、近代文学を代表する名だたる人物たちが含まれていますが、当時は小説よりも色鮮やかな口絵の方が広く人気がありました。年方は近代文学の発展に大きな役割を担ったのです。

281103

水野年方「幸田露伴『夢がたり』口絵(『文芸倶楽部』第7巻第11号)」 明治34年(1901) 太田記念美術館蔵

281104

水野年方「小栗風葉『恋慕ながし』口絵」 明治33年(1900)  太田記念美術館蔵

華やかな明治美人たち

281106

水野年方「三井好 都のにしき 6 秋 外出」 明治37年(1904)頃 太田記念美術館蔵

 水野年方は、明治という新しい時代の空気をまとった、華やかながらも気品に溢れた美人画を得意としました。それは、大正・昭和の美人画の世界を牽引した、門人である鏑木清方に受け継がれていくことになります。


水野年方「三十六佳撰  湯あかり 寛政頃婦人」 明治25年(1892) 太田記念美術館蔵

281107

水野年方「伊予簾(『文芸倶楽部』第12巻11号口絵)」 明治39年(1906) 太田記念美術館蔵

<見どころの一点>
「水野年方「泉鏡花『外科室』口絵(『文芸倶楽部』第1巻6編)」明治28年(1895) 太田記念美術館蔵

                                 

 『外科室』は、泉鏡花が小説家としてデビューしたばかりの時期の代表作です。この小説は『文芸倶楽部』という文芸雑誌に掲載されましたが、その口絵を描いたのが水野年方でした。口絵は木版画であるため、制作に時間がかかります。そのため年方は小説の内容を十分に理解する前に、口絵を完成する必要がありました。『外科室』の物語は病院の外科室を舞台としているのですが、この絵は自宅で療養する女性の姿となっており、小説と密接に結びついたものになっていません。しかしながら、読者たちは、口絵と小説の整合性を気にすることなく、緻密に描かれた年方の口絵の美しさに心を奪われていたのです。

イベント
学芸員によるスライドトーク

本展の担当学芸員が見どころをご案内します。

日程

11月5日(土)・12日(土)・15日(火)・25日(金)・30日(水)

/12月10日(土)

時間14:00~(40分程度)
場所太田記念美術館 視聴覚室(B1)
参加方法申込不要 参加無料(要入場券)
入館料
一般700円
大高生500円
中学生以下無料

 

開館日カレンダー

休館日

   

  • 2016年11月
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
  • 2016年12月
    SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    

PAGE TOP