江戸の土木

2020年10月10日(土)~11月8日(日)

10月12、19、26、11月2日は休館します。

浮世絵から読み解く、江戸の土木

土木とは、道路や河川、橋梁、港湾などを造る建設工事のこと。近年、東京では各所で再開発が進み、大規模な土木工事や建設が盛んに行われています。一方、橋やダム、河川、地形など、土木に関連するジャンルがマニアックな人気を呼び、書籍や雑誌などのメディアで取り上げられる機会も増えています。 時代をさかのぼってみると、東京のルーツである江戸は、幕府による天下普請を始めとした、さまざまな土木工事によって発展した都市でした。本展は歌川広重や葛飾北斎など、浮世絵師たちが描いた作品を手がかりとして、江戸の土木を読み解く展覧会です。

歌川広重「東都名所 両国橋夕涼全図」
両国橋 明暦の大火(1657)で江戸市民が隅田川を渡れず、多数の死傷者が出たことから架橋された

100万都市・江戸を生み出した土木工事

徳川家康が幕府を開いてから、100年ほどで人口100万を超える大都市となった江戸。江戸の町を大きく発展させる土台となったのが、高度な土木技術による市街地の造成やインフラなどの整備でした。江戸城と外濠・内濠の建設、日比谷入江、築地、深川などの埋立、小名木川や神田上水といった運河や上水の整備、両国橋や日本橋などに代表される橋の架橋、寛永寺や増上寺といった巨大寺院の建設など、大規模な土木工事の例は枚挙に暇がありません。

葛飾北斎「冨嶽三十六景 江戸日本橋」
江戸城と日本橋 将軍家の居城である江戸城。ともに描かれる日本橋川は、人工的に開削された水路

昇亭北寿「東都 御茶之水風景」
仙台濠 仙台藩による、神田山を分断して掘削する大工事でできた
渓斎英泉「江戸八景 上野の晩鐘」
寛永寺 徳川家の菩提寺として、新たに建立された大寺院

葛飾北斎「冨嶽三十六景 遠江山中」
木挽職人 工作機械のない時代、土木工事を担った木挽などの職人や人足たち
歌川広重「江戸百景余興 鉄砲洲築地門跡」
築地本願寺 明暦の大火で焼けた浅草本願寺の代わりに、築地一帯を埋め立て、築地本願寺が建立された
歌川広重「名所江戸百景 深川木場」
木場 明暦の大火後に、日本橋付近にあった材木河岸が埋立地である深川に移転

再開発エリアのルーツは江戸にあり?

近年、東京では、渋谷ストリームや東京ミッドタウン日比谷などのような、大規模な再開発エリアの建設が注目を浴びています。しかし歴史をさかのぼると、実は江戸時代から、遊廓や芝居町など、商業地の移転や再開発が度々行われているのです。新吉原のような遊廓や猿若町のような芝居町、わずか十数年で姿を消した幻の繁華街・中洲などは、再開発エリアのルーツと言えるかもしれません。

歌川広重「東都名所 新吉原五丁町 弥生花盛全図」
新吉原 遊郭の吉原は、もともと人形町付近にあり、明暦の大火後に浅草北の日本堤へと移転
歌川豊春「浮絵和国景夕中洲新地納涼之図」
中洲 安永元年(1772)、隅田川の中流にできた、埋立地の歓楽街。わずか20年ほどで取り壊された
歌川広重「名所江戸百景 猿わか町よるの景」
猿若町 堺町・葺屋町と木挽町にあった3つの芝居小屋が、天保14年(1843)に浅草へ移転、芝居町としてにぎわう

見どころの作品

作者不詳「浅草寺大塔解釈」 / 歌川広重「名所江戸百景 浅草金龍山」

作者不詳「浅草寺大塔解釈」
歌川広重「名所江戸百景 浅草金龍山」

浮世絵にみる、江戸の震災と復興

東日本大震災からの復興に向けた取り組みが今も続けられています。江戸の町も、しばしば火災や地震などの災害に見舞われましたが、その度に人々は町の復興を目指し、市中の至るところで大規模な建設工事が行われたのです。 幕末の江戸を襲った災害として、安政2年(1855)に起きた安政の大地震がよく知られています。江戸市中に甚大な被害を出したこの地震では、浅草寺は倒壊こそ免れましたが、五重塔の頂上の九輪が曲がってしまいました。左の作品は、その際の五重塔を描いたものです。そして右は、安政の大地震の翌年に広重が描いた揃物「名所江戸百景」中の一点。本図には雷門ごしに、九輪がまっすぐになった五重塔が描かれています。この絵が出版されたのは九輪の修理が完成した安政3年5月の直後であることから、浅草寺の修復事業を記念した、安政の大地震からの復興を象徴するような作品であるとの見方があります。

※スライドトークの開催は未定です。開催する場合にはこのページで日程のご案内をいたします。

入館料
一般800円
大高生600円
中学生以下無料
開館日カレンダー
2020 10

休館日

5-9,12,19,26

2020 / 10

5-9,12,19,26

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
2020 11

休館日

2,9-13,16,24,30

2020 / 11

2,9-13,16,24,30

SUN MON TUE WED THU FRI SAT

PAGE TOP