浮世絵動物園

2022年7月30日(土)~9月25日(日)

前期 7月30日(土)~8月28日(日)
後期 9月2日(金)~9月25日(日)※前後期で全点展示替え

8月1、8、15、22、29~31、9月1、5、12、20日は休館します。

開館時間:10時30分~17時30分(入館は17時まで)
入場料:一般 1200円 / 大高生 800円 / 中学生以下 無料

浮世絵動物園展チラシはこちら
浮世絵動物園展作品リストはこちら

かわいい! おもしろい! ちょっとヘン? ―豊かな動物表現をご覧あれ

浮世絵にはさまざまな動物が登場します。ペットとして愛される猫や犬、日々の営みを助けた馬や牛など身近な動物はもちろん、おめでたい鶴や亀、舶来の象や豹、はては地震を起こすとされた鯰までもが描かれます。また浮世絵師たちは、想像力を駆使し擬人化した動物たちの姿を生き生きととらえ、虎子石のようにこの世に存在しない珍獣も生み出しました。まさに浮世絵は、動物表現の宝庫といえるでしょう。
本展では約160点の作品をご紹介し、バラエティに富む動物表現を存分にお楽しみいただきます。この夏は美術館で、かわいらしくてちょっとヘンテコな、浮世絵の動物たちと触れ合ってみるのはいかがでしょうか。

月岡芳年「風俗三十二相 うるささう 寛政年間処女之風俗」(後期)

歌川芳豊「中天竺馬爾加国出生新渡舶来大象之図」(前期)

浮世絵だから見えてくる 江戸っ子と動物のディープな関係

浮世絵にはペットを溺愛する今と変わらない人々の姿が描かれます。一方で、犬に魚を盗まれる魚屋や馬に乗った旅人など、現在では見られなくなった人と動物との暮らしぶりも伝えてくれます。さらに日々のあらゆる一コマを切り取る浮世絵では、木菟を描いて疱瘡除けの効果を期待した「疱瘡絵」、飼い主のかわりに伊勢参りをしたと伝えられる犬の姿も描かれました。時に現代人の想像を超える動物たちの活躍ぶりをご紹介いたします。

鈴木春信「猫に蝶」(前期:7/30-8/14)
歌川国芳「木菟と春駒」(前期)
葛飾北斎「狆」(後期)

伝説の霊獣・ナゾの珍獣

雨を呼ぶ霊力があるとされた龍、普賢菩薩の乗り物とされた白象、妖狐や化け猫など、伝説や物語に登場する空想上の生き物たちも浮世絵では大活躍。しかしそれだけではありません。虎と石が合体した虎子石や、すべての干支が合体した不思議な生き物も登場するのが浮世絵です。伝統的な動物表現はもちろん、絵師の自由なイマジネーションに支えられた愉快な作品も楽しむ、江戸っ子の感性にも触れてみてください。

歌川芳員「東海道五十三次内 大磯をだハらへ四リ」(前期)
歌川芳虎「家内安全ヲ守 十二支之図」(後期)

踊りも仕事もおめかしも ―躍動する擬人化動物―

歌川芳藤「しん板猫のあきんどづくし」(後期)

動物を描いた浮世絵のなかでも人気が高いのが擬人化作品です。本展でも、相撲をとる兎、商売や勉強をする猫、喧嘩や宴会芸をする鳥、踊るタコなど、多彩な作品をご覧いただきます。人間のように振る舞う動物たちの姿はとても微笑ましくてユーモラス、おまけに当時の生活風俗も教えてくれます。その魅力をご堪能ください。

歌川芳藤「兎の相撲」(前期)

巨匠からマイナー絵師まで ―40人の共演―

北斎晩年の代表作「雨中の虎」、猫の絵の中でも屈指の人気を誇る広重「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」など、実力派絵師の名作も本展の見どころです。また今回、ご紹介する絵師は40人にのぼります。巨匠だけでなく、キュートな擬人化動物が得意な歌川芳藤、虎子石の生みの親で抜群のユーモアセンスを見せる歌川芳員など、知られざる動物絵の名人たちの作品もお楽しみいただきます。

葛飾北斎「雨中の虎」(後期)
歌川広重「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」(前期)

見どころの作品

菊川英山「虎図」(前期)

虎は、生息していなかったにも関わらず、日本で古くから親しまれた動物です。龍と対峙する荒ぶる姿で描かれることもありますが、本作では、竹の背後からギョロリとした大きな目に笑うような口元、ふっくらとした肉球を備えた、とても愛嬌のある虎が登場します。なお縦長の画面は浮世絵版画で広く用いられた大判サイズを縦に2枚つなげたもの。
この形式は「掛物絵(かけものえ)」とも呼ばれ、周囲に表装を施し掛軸のようにして鑑賞されることもありました。江戸っ子たちが室内に飾り、大人も子供も楽しむには、本作の虎はちょうどよい親しみやすさだったのかもしれません。


渋谷で日本美術めぐり 太田記念美術館⇔山種美術館 2館相互割引

山種美術館と太田記念美術館は7月9日(土)~9月25日(日)の期間中、下記の展覧会で相互割引を実施いたします。相互のチケットをお持ちいただくと入館料を100円割引いたします(1枚につき1名、1回限り有効。他の割引との併用不可)
今年の夏から初秋は、渋谷区のふたつの展覧会を巡り、日本美術をご堪能ください!

山種美術館

水のかたち ―《源平合戦図》から千住博の「滝」まで―

会期:2022年7月9日(土)~9月25日(日)

太田記念美術館の下記展覧会チケット半券のご提示にて

一般 1300円→1200円 

※大高生は会期中500円、中学生以下は無料 
※オンラインチケットは割引対象外

https://www.yamatane-museum.jp/

太田記念美術館

源平合戦から鎌倉へ ―清盛・義経・頼朝

会期:2022年7月1日(金)~7月24日(日)

山種美術館の上記展覧会チケット半券のご提示にて

一般 800円→700円、大高生 600→500円 

※中学生以下は無料

浮世絵動物園

会期:2022年7月30日(土)~9月25日(日)

山種美術館の上記展覧会チケット半券のご提示にて

一般 1200円→1100円、大高生 800→700円 

※中学生以下は無料

入館料
一般1200円
大高生800円
中学生以下無料

*中学生以上の学生は学生証をご提示下さい。
*10名様以上の団体のお客様は事前に必ずご予約をお願いします。ご予約のない場合は入場をお断りすることがございます(団体割引は1名あたり100円割引。人数分一括でお支払いください)
*障害者手帳提示でご本人とお付き添い1名さま100円引き。
*その他各種割引についてはお問い合わせください。
*料金は消費税込み。

*リピーター割引のご案内*
会期中2回目以降ご鑑賞の方は半券のご提示にて200円割引いたします(他の割引との併用不可)

開館日カレンダー

休館日

2022 07

休館日

4,11,19,25-29

2022 / 07

4,11,19,25-29

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
2022 08

休館日

1,8,15,22,29-31

2022 / 08

1,8,15,22,29-31

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
2022 09

休館日

1,5,12,20,26-30

2022 / 09

1,5,12,20,26-30

SUN MON TUE WED THU FRI SAT

PAGE TOP