楊洲周延「東錦昼夜競」 -歴史・伝説・妖怪譚

楊洲周延 「東絵昼夜競  楠正行」
企画展
2012年12月1日(土)~12月20日(木)

12月3・10・17日は休館となります。

※12月展示の図録は作成致しません。

楊洲周延(ようしゅう・ちかのぶ)は、明治時代を代表する浮世絵師の一人です。洋装に身を包んだ明治の美人たちや、徳川幕府の大奥の女性たちを描いた作品で広く人気を博しました。
周延の没後100年となる今年、本展覧会では、周延が明治19年(1886)に制作した「東錦昼夜競(あずまにしきちゅうやくらべ)」を紹介いたします。神話の時代から江戸時代にかけて、さまざまな歴史故事や伝説、あるいは妖怪譚などを題材としたシリーズで、全50点、一挙の公開となります。
また、同時代に制作された月岡芳年の晩年の代表作「月百姿」から30点を合わせて展示いたします。周延と芳年、二人の人気浮世絵師が歴史や伝説、妖怪譚にどのように取り組んだのか、その個性の違いもご堪能いただけることでしょう。
楊洲周延 「東絵昼夜競  玉藻前」

楊洲周延 「東絵昼夜競 玉藻前」
玉藻前という美女に化けた九尾の狐。
陰陽師によりその正体が明らかになろうとしている

楊洲周延 「東錦昼夜競  佐賀の怪猫」

楊洲周延 「東錦昼夜競 佐賀の怪猫」
藩主の妾に化けた怪猫。忠臣の足軽、
伊藤左右太がその正体を見破ろうとしている。

楊洲周延 「東絵昼夜競  楠正行」

楊洲周延 「東絵昼夜競 楠正行」
庭に怪しい化け物の影を見た幼い楠正行。
臆することなく斬りつけると、その正体は大入道に化けた狸であった。

月岡芳年 「月百姿 源氏夕顔巻」

月岡芳年 「月百姿 源氏夕顔巻」
『源氏物語』の登場人物である夕顔の幽霊。

楊洲周延 「東絵昼夜競  玉藻前」

月岡芳年 「月百姿 吉野山夜半月 伊賀局」
翼を生やした鬼のような姿で現れた藤原基任の霊。
豪胆な伊賀局は少しも動じることなく、霊を弔うことを約束した。

楊洲周延 「東絵昼夜競  玉藻前」

月岡芳年 「月百姿 金時山の月」
赤茶けた肌の可愛らしい金太郎。猿と兎の相撲を応援している。

入館料
一般700円
大高生500円
中学生以下無料
イベント
学芸員によるスライドトーク

本展の担当学芸員が見どころをご案内します。

日程12月2日(日)・8日(土)・14日(金)
時間14:00~(40分程度)
場所太田記念美術館 視聴覚室(B1)
参加方法申込不要 参加無料(要入場券)
開館日カレンダー
カレンダー
    

PAGE TOP