コレクション20

楊洲周延 欧洲管絃合奏之図

大判錦絵三枚続 37.1×25.6㎝(右)37.5×26.1㎝(中)37.7×26.2㎝(左) 明治22年(1889)5月

 鹿鳴館の広間で行われた合唱風景。正確に描写されたピアノ、フルート、ヴァイオリン、チェロ、コントラバスといった西洋楽器が音楽を奏で、左端の男女たちが唱歌「岩間の清水」を歌っている。西洋文化に憧れた華やかな明治の風俗を捉えた、周延の代表作となる一図である。

    

PAGE TOP